ガラスコーティング効果の持続期や施工後のメンテナンスについて

ガラスコーティング施工を検討中の方の多くは、「ガラスコーティングが愛車に良いのはわかっているけど、実際のところ、その効果は何年持つの?」と疑問に思われている方が多いようです。
今回は、ガラスコーティング施工をした場合の「効果の持続期間」に関する基本的な知識や、できるだけ長くガラスコーティング効果をキープするために欠かせない「メンテナンスの必要性」、そして新潟市で定期的なメンテナンスを受けたい方におすすめのコーティング専門業者を紹介します。

ガラスコーティング効果ってどのくらい持つの?

ガラスコーティング効果

自力でガラスコーティングを施工すると、下地処理が不十分でコーティング剤の皮膜が塗装面にしっかり粘着せず、耐久性が大きく損なわれてしまい結果的に短時間で再施工が必要になる恐れがあります。
一方、ガラスコーティング施工に絶対的な自信を持った「コーティング専門業者」に依頼すると、高度な下地処理技術とコーティング技術によって耐久性や撥水性に優れた高品質なガラスコーティングを実現させることができます。
せっかく費用をかけてガラスコーティングを施すのであれば、できる限り長く効果が持続するようにと誰もが思うものです。そこでまずは、コーティング専門業者にガラスコーティング施工を依頼した場合の「効果持続期間」の目安を紹介します。

効果が5年も続く!?リボルト新潟の「リボルト・プロ」

ガラスコーティング効果の持続期間の目安をイメージしやすいように、今回は高度な下地処理技術と独自開発コーティングにより高品質なガラスコーティングを提供している【リボルト新潟】の「リボルト・プロ」というコーティングの効果について紹介します。

リボルト・プロは、リボルトグループが独自に開発した最高級のガラスコーティングです。保管状況や洗車などの状況によって多少変わることもありますが、ガラスコーティング効果の持続期間の目安は「5年」となっています。
理論値や促進テストの結果では、リボルト・プロで10年という結果が出ていることもあり、使用状況によっては5年以上も効果が持続する可能性がありそうです。

リボルト・プロの特徴の一つが、ガラスコーティングの分量が小さい低分子タイプという点です。低分子であることから、車やバイクの塗装面の隅々まで分子が入り込み、それによって密着性に優れたガラス被膜を形成できるようになります。
また、ガラス濃度100%・無溶剤のリボルト・プロは完全硬化型のガラスコーティングであるため、長期間にわたる撥水効果を維持できるといった特徴があります。

メンテナンス必須!?ガラスコーティング施工後のお手入れについて

ガラスコーティング効果

ガラスコーティングは万能ではありません。効果期間の目安が提示されているように、永遠に効果が続くガラスコーティングは今現在存在しません。【リボルト新潟】から提供されている高品質ガラスコーティング「リボルト・プロ」のように、効果の持続期間の目安が5年という場合もあれば、コーティングの種類によって効果期間は大きく異なるのです。

実際、【リボルト新潟】の「リボルト・プロ」を車やバイクに施工した後は、車の保管状況や走行環境、走行距離、洗車頻度、洗車方法などによって効果の持続期間が変わります。
そのため、ガラスコーティングの効果をより長く持続させて愛車の美観をキープしたいと思ったら、施工後の「メンテナンス」がとても重要になります。

リボルト新潟の「メンテナンスコース」

新潟市でガラスコーティング施工を検討されている方に、コーティング専門業者【リボルト新潟】をおすすめする理由、その一つが「メンテナンスコース」が充実しているということです。
ガラスコーティング施工後に今後のメンテナンスや洗車のやり方などのレクチャーを受けますが、その他にもガラスコーティング後の愛車をより美しく綺麗に保ち、効果を長く持続させるには【リボルト新潟】で定期的なメンテナンスを受けると効果的です。

ガラスコーティング施工後の車やバイクは、塗装面に耐久性や撥水性の高いガラス被膜が形成されているので、汚れがつきにくい、汚れが付いてしまっても簡単なお手入れで汚れを落としやすいといったメリットがあります。
専用のカーシャンプーを使い、正しい方法で洗浄をすることで、ボディの美しさを出来るだけ長く保つことができますが、さらにガラスコーティング効果を長く維持したいと思ったら、やはり【リボルト新潟】のようなコーティング専門業者にガラスコーティングのメンテナンスを依頼されることをお勧めします。

【リボルト新潟】のメンテナンスコースは、車の保管状況や洗車状況に応じて「シリカスケールの分解除去」「鉄粉・塩カル・頑固な水垢の除去」「細かな線傷の除去」から適切な対応を提案してもらえます。

シリカスケールの分解除去」は、水垢を含んだシミ(二酸化ケイ素)を分解除去作業によって綺麗に落とす作業です。車のボディについた水垢のシミは、早期に洗車すれば充分に落とすことができる汚れですが、一旦固着してしまうと簡単な洗車だけでは解消できないことから、美観を損ねる原因になります。

鉄粉・塩カル・頑固な水垢の除去」は、車の下回りなどに付着する塩カルや鉄粉などを徹底的に除去できます。新潟では冬の時期に、こういった汚れがびっしり付着した車を多く見かけますが、そのまま放置すると美観を損ねるだけでなく、錆による腐食が進む恐れがあるので冬を越したときなどを目安にメンテナンスをしてもらいましょう。

細かな線傷の除去」は、ガラスコーティングの被膜に付いた細かな線傷を除去するための作業です。ガラス濃度100%・無溶剤のリボルト・プロを施工した場合は耐性が大きく向上しているので、そう簡単に傷が付くことはありません。しかしながら、ガラスコーティングは完全無敵ではないので、経年使用により細かな傷が付いてしまうことがあります。
そういった時に線傷除去のメンテナンスを受けることで、リボルト・プロのベースとなるコーティング皮膜を落とさない程度の軽い研磨のみで、線傷を綺麗に除去します。こういった細かな線傷に限らず、深い傷に関しても最適な方法を提案してもらえるので、気になる部分がある場合やメンテナンスについて知りたいことがあれば、一度【リボルト新潟】へ相談してみください。

ガラスコーティング施工後のメンテナンスのタイミング

車やバイクにガラスコーティング施工をした後は、数ヶ月から数年が経った頃にメンテナンスを利用される方が多いようです。経年使用が気になる時に、リフレッシュもかねてメンテナンスをされる方もいますが、可能であれば1年に一度のペースでプロのメンテナンスを受けられることをお勧めします。
また、海沿いにお暮らしの方であれば塩害によるダメージ、冬場であれば除雪剤などのダメージなどが気になってくるので、冬を越えたタイミングでメンテナンスを受けられると良いでしょう。

今回紹介した【リボルト新潟】の「リボルト・プロ」を選んでガラスコーティング施工をすれば、正しい方法でお手入れをして、定期的にメンテナンスを受けることでガラスコーティング効果を長く持続させることができます。
車の保管状況や洗浄などにより効果の持続期間は多少変わりますが、定期的にメンテナンスを受けていれば、その時点でのガラスコーティングの状態を見極めて最適な方法を提案してもらえるので安心です。